かすみがうら市、水族館

かすみがうら市、水族館は、歩崎園地の敷地内にある淡水魚が中心の小さな水族館です。魚を手で触れるコーナーもあります。小さい水族館ですが、近くに、かすみがうら市、郷土資料館などもあるので、一度に全部立ち寄ってみるといいですよ。というわけで、まずは、かすみがうら市、水族館の詳細からです。

かすみがうら市、水族館の風景
アクセス ◆電車
JR常磐線、土浦駅(西口)、「牛渡経由田伏車庫行き」の関鉄観光バス、かすみがうら市水族館下車

◆車
1.常磐自動車道、土浦北I.Cより、約30分
2.東関東自動車道、潮来I.Cより、約1時間
住所 茨城県かすみがうら市坂910-1
駐車場 無料
料金 有料
お勧め度 65点
一言 淡水魚が中心の小さな水族館で、歩崎園地の敷地内にあります。
近くに、かすみがうら市、郷土資料館歩崎森林公園あゆみ庵歩崎観音があります(徒歩だと、ちょっと時間がかかるかも)。
写真 なし
宿泊予約 茨城県に宿泊しようと考えているなら、下記のページを読むといいでしょう。茨城のホテルや旅館に宿泊しようと思っている人にとって、知っておいて損はない知識を紹介しています。
茨城のホテル・旅館


格安宿

スポンサード リンク


かすみがうら市、水族館のレポート

かすみがうら市、水族館は、イメージ的には、大きな熱帯魚屋さんという感じでしょうか。なので、正直、規模は小さいです。
ただ、熱帯魚屋とは違うのは、直接、魚に触ることができる水槽でしょうか。子供が喜びそうですよね。
ちなみに、半球だけ、へっこんだ水槽と、逆に、でっぱった水槽の2つが並んでいるのですが、私は両方とも、へっこんでいると思い込んで、でっぱっている水槽で、思いっきり、鼻を打って、思わず、「痛てぇ!!」って叫んでしまいました(笑)
気をつけてくださいね。

(レポート:hide)

茨城が大好き!のトップページ