水戸市植物園

水戸市植物園は、植物園としては中規模ですが、色々な見どころがあります。特にお勧めなのは、オシャレな感じのするテラスガーデンでしょうか。池を見ながら、ゆっくりできるので、いいですよ。あと、鑑賞大温室もお勧めです。熱帯に咲く花なども見ることができます。茨城観光の際に立ち寄ってみるといいですよ。
というわけで、まずは、水戸市植物園の詳細からです。

水戸市植物園の風景
アクセス ◆電車
・水戸駅、「市立競技場または植物公園」行きの関東鉄道バス、植物公園下車
・水戸駅および赤塚駅から、車で20分(タクシー代の目安:約2000円)

◆車
・常磐自動車道、水戸ICから、約15分
・北関東自動車道、水戸南ICから、約15分
住所 茨城県水戸市小吹町504
駐車場 無料
料金 有料
お勧め度 85点
一言 中規模の植物園です。個人的には、テラスガーデンの雰囲気が好きです。
写真 水戸市植物園の写真
宿泊予約 茨城県に宿泊しようと考えているなら、下記のページを読むといいでしょう。茨城のホテルや旅館に宿泊しようと思っている人にとって、知っておいて損はない知識を紹介しています。
茨城のホテル・旅館


格安宿

スポンサード リンク


水戸市植物園のレポート

水戸市植物園に入って、少し歩くと、テラスガーデンがあります。
テラスガーデンに、以下の写真のような「入口」がありました。



何があるのかな?と思って、階段を降りてみると、泉がありました。



何かいい雰囲気じゃないですか?



そして、上にあがると、脇には花が植えられていて、キレイでしたね。



ふと池の方を見ると、休憩できるテーブルが。
ここで、ゆっくり、お茶をしたり、食事したりするといいですよね!



というわけで、池の方を見てみると、ハス?が一面にありました。



ちょうど季節のようで、ハスの花も咲いていました。



ぼーっと池を眺めていると、何か動物が近寄ってくるじゃないですか!



カモのようです。
エサをねだられましたが・・・自然の動物にエサをあげるのは、良くないということで、見てるだけにしていました。
すると、カモは、エサをくれないとわかったようで、さっと、池に帰ってしまったんですよね。
・・・つれないですよね(笑)



そして、芝生園へ。
芝公園には、ロックガーデンというところがあるのですが、ちょうど、小学生の遠足だったみたいで、後回しにすることに。



というわけで、湿生花園の方へ歩いていきました。
途中、中沼という池がありました。



中沼の畔には、菖蒲ですかね。そろそろ、シーズンだからなのか、ポツポツ咲いていました。



そして、湿生花園に到着。
やはり、ポツポツ、菖蒲の花が咲いていましたね。
湿生花園には、小さな展望休憩舎もありましたよ。



湿生花園の奥に行くと、小さな池もあって、ベンチもあったので、カップルにはいいかもしれませんね!



そして、植物館へ。
植物館は、近代的な建物でしたね。



中に入ると、オシャレな感じがしましたが、特に、見るべきものはなかったような・・・



植物館の前には、池があって綺麗でしたよ!



そして、薬草園へ。
薬草園には、様々な薬草が植えられていました(そりゃ、薬草園だから、そうですよね)。



薬草園の隣には、「熱帯果樹温室」がありました。



美味しそうな果実もありました。



熱帯果樹温室の前は、緑陰広場といって、休憩所になっています。
ここで、お茶をするのもいいですよね!



緑陰広場には、カフェもあるので、カフェでお茶してもいいですけどね。



そして、すぐ隣にある「鑑賞大温室」へ。



鑑賞大温室では、ネペンティスという食虫植物がメーンみたいです。



この鑑賞大温室も、オシャレなんですよね。



というわけで、鑑賞大温室をぶらぶらしました。



そして、鑑賞大温室の外に出て、入口を撮影。



そして、小学生もいなくなったようなので、芝生園にあるロックガーデンへ。



何か岩があるだけのような気も・・・



そして、芝生園にある「あずまや」という休憩所へ。



中は、岩のオブジェ?や、ベンチがありました。



というわけで、水戸市植物園はお勧めですよ!

(レポート:hide)

茨城が大好き!のトップページ