茨城県 自然博物館(野外展示場)

茨城県 自然博物館(野外展示場)は、茨城県 自然博物館に併設されている広大な敷地の公園です。ぐるっと、一周、まわるだけでも、面白いので、行ってみるといいですよ。特に、子供が喜ぶ場所が多いので、小さな子供がいる家族にはお勧めです。というわけで、まずは、茨城県 自然博物館(野外展示場)の詳細です。

茨城県 自然博物館(野外展示場)の風景
アクセス 1.つくばエクスプレス 守谷駅(西口)、関東鉄道バス「岩井行き」または「猿島行き」、「自然博物館入り口」下車
2.東武野田線愛宕駅、茨城急行バス「岩井車庫行き」、「自然博物館入り口」下車
※)「ばんどう号」というバスが出ていますが、1日2本です(笑)。車がないと辛いです。
住所 茨城県坂東市大崎700番地
駐車場 無料
料金 有料
お勧め度 90点
一言 茨城県 自然博物館に併設されている広大な敷地の公園です。
写真 茨城県 自然博物館(野外展示場)の写真
宿泊予約 茨城県に宿泊しようと考えているなら、下記のページを読むといいでしょう。茨城のホテルや旅館に宿泊しようと思っている人にとって、知っておいて損はない知識を紹介しています。
茨城のホテル・旅館


格安宿

スポンサード リンク


茨城県 自然博物館(野外展示場)のレポート

茨城自然博物館から、野外展示場に出て、すぐのところに「花木の広場」があります。花木の広場には、ベンチとテーブルがあるので、晴れた暖かい日には、昼御飯を持ってきて、ここで食事するといいですよ。



そして、少し歩くと、「菅生沼ゲート」があります。
菅生沼ゲートの近くには、菅生沼を観察できる望遠鏡も完備されていました。しかも、普通は、この手の望遠鏡を見るには、100円必要ですが、なんと、無料!
※)ここから出ると、「あすなろの里」に行けます。



そして、少し歩くと、「つたの森」「花の谷」周辺で、梅の花が咲き始めていました。



そして、少し歩くと、「とんぼの池」があります。
とんぼの池には、レトロな感じがする「反町閘門」があります。



そして、少し歩くと、「古代の広場」があります。
古代の広場とは、古代遺跡風の砂場のようです。小さい子供が喜びそうですね!



そして、すぐ近くに「水の広場」があります。
撮影したのが、冬なので、水が入っていなかったのですが、夏には、水がはられて、じゃぶじゃぶ、子供が遊ぶんでしょうね。



そして、少し歩くと、「太陽の広場」があります。
太陽の広場には、巨木もありましたよ。



太陽の広場には、「自然発見工房」もあります。
※)自然発見工房は、本館から一番遠い位置にあります。



太陽の広場の隣にあるのが「夢の広場」。
夢の広場には、トランポリンのような遊具があります。子供に大人気でした。



この遊具の隣には、周辺の景色を堪能できる塔もあります。



そして、最後に立ち寄った「芝生広場」。
晴れた日には、ここでゴザを敷いて、弁当を食べたいですね!



というわけで、茨城県自然博物館(野外展示場)は、ぐるっと周るだけでも楽しいのでお勧めですよ!

(レポート:hide)

茨城が大好き!のトップページ