応長地蔵(磨崖仏)〜神奈川が大好き!

「応長地蔵(磨崖仏)」とは、簡単にいえば神奈川県、箱根にある名所です。では、どのような感じなのでしょうか。そこで、このページでは、所在地、駐車場などの基本情報から、「写真によるレポート」「大量の写真」までで、応長地蔵(磨崖仏)を紹介しています。神奈川観光や家族でお出かけの際に、ぜひ、このページをご覧になってください。というわけで、まずは、所在地、駐車場などの情報からです。

応長地蔵(磨崖仏)の風景写真 応長地蔵(磨崖仏)の写真2
所在地(住所) 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根110の228
※)住所はカーナビで使ったり、GoogleやYahooの地図で場所を確認するために使うといいですよ。
駐車場 あり(無料。石仏群と歴史館に駐車できます)
料金 無料
一言 岩に掘られた地蔵です。六道地蔵(磨崖仏)への歩道に入る手前にあります。ちなみに、近くに八百比丘尼の墓があるらしいのですが、いつも見逃してしまいます。近くに石仏群と歴史館精進池二十五菩薩(磨崖仏)多田満仲の墓(宝篋印塔)曽我兄弟の墓があります。

スポンサード リンク


応長地蔵(磨崖仏)のレポート(写真付き)

応長地蔵(磨崖仏)は、どのような感じなのでしょうか。
岩に掘られた地蔵です。

応長地蔵(磨崖仏)の写真1

雪が降ったときの様子です。

応長地蔵(磨崖仏)の写真3

スポンサード リンク


応長地蔵(磨崖仏)の写真(サムネイル)

応長地蔵(磨崖仏)の写真です。サムネイルになっているので、小さな写真をクリックすれば、大きな写真になります。ちなみに、写真は、どのような感じの名所なのかを見ていただくために公開しているので、それほど大きな写真ではありません。

・横向きの写真:幅640ピクセル×高さ480ピクセル
・縦向きの写真:幅480ピクセル×高さ640ピクセル

応長地蔵(磨崖仏)の写真のサムネイル写真1 応長地蔵(磨崖仏)の写真のサムネイル写真2 応長地蔵(磨崖仏)の写真のサムネイル写真3

※)写真の著作権は放棄していません。無断の利用は固く禁止させていただいております。

(文責、写真:Ishizaki Hideho)

「神奈川が大好き!〜観光地、遊び場」のトップページ