安曇野ちひろ公園

安曇野ちひろ公園は、安曇野ちひろ美術館の周囲にある広大な公園です。パツォウスカーの庭、大花壇、ちひろの黒姫山荘の3つの見所があります。

安曇野ちひろ公園の風景
アクセス JR大井線 信濃松川駅下車、タクシー5分、もしくは徒歩30分
住所 長野県北安曇郡松川村西原3358−24
駐車場 無料
料金 無料
お勧め度 90点
一言 安曇野ちひろ美術館の周囲にある広大な公園です。
写真 安曇野ちひろ公園の写真


格安宿

スポンサード リンク


安曇野ちひろ公園のレポート

安曇野ちひろ公園には、3つの見所があります。
1つ目の見所は、パツォウスカーの庭です。パツォウスカーの庭とは、チェコの絵本作家のクヴィエタ・パツォウスカーがデザインした2つの池と8つのオブジェがある庭のことです。



まずは、パツォウスカーがデザインしたオブジェ。



オブジェは周りの風景と溶け込んでいて、いい感じです。



そして、池。
池にはメダカもいます。



池は周りの風景と相まって、素晴らしいです。



いい雰囲気ですよね。



公園を出ると用水路があって、その奥には乳川があります。公園と公園の外の境界が曖昧で、またそれがいい感じになっています。



パツォウスカーの庭にはベンチもあるので、ここでゆっくり庭を眺めるのもいいかもしれません。



2つ目の見所が大花壇です。



大花壇は、松川村のボランティアが花の手入れをしているそうです。



ヒマワリも咲いていました。



そして、3つ目の見所は、ちひろの黒姫山荘です。
黒姫山荘は、いわさきちひろが長野県上水内郡信濃町の黒姫高原に建てたアトリエを兼ねた山荘を復元したものです。



大花壇の近くには草原があって、そこに黒姫山荘があります。



草原も広くて、のんびりできます。



暖かい日にこの公園にきてのんびりするのもいいかもしれません。



ちなみに、私が行ったとき、ソフトクリームが販売されていました。



(レポート:hide)

「長野が大好き!〜観光地、遊び場」のトップページ