加賀屋緑地

加賀屋緑地は、加賀屋甚兵衛が建てた新田会所跡を整備した史跡です。ただ、アクセスしにくいところにあるので、地下鉄 四つ橋線 住之江公園駅の近くのオスカードリームに宿泊することがあれば、散歩のついでに立ち寄るといいでしょう。というわけで、まずは、加賀屋緑地の詳細からです。

加賀屋緑地の風景
アクセス ■南海電車
南海本線 住之江駅より徒歩45分

■地下鉄
地下鉄 四つ橋線・ニュートラム南港ポートタウン線、「住之江公園駅」4号出入口から徒歩15分。

■バス
市バス3・3D・47系統・赤バス(住之江ループ)
住所 大阪府大阪府大阪市住之江区南加賀屋4丁目8
※)住所はカーナビで使ったり、GoogleやYahooの地図で場所を確認するために使うといいですよ。
駐車場 なし
料金 無料
お勧め度 85点
一言 加賀屋甚兵衛が建てた新田会所跡を整備した史跡です。
写真 加賀屋緑地の写真
宿泊予約 大阪観光やビジネスで、大阪のホテルや旅館に宿泊する際、知っておいて損はない知識を紹介しています。大阪に土地勘がある人にも役立つページです。
大阪のホテル・旅館


格安宿

スポンサード リンク


加賀屋緑地のレポート

加賀屋緑地は、2002年6月より一般に公開されるようになった史跡です。
江戸時代中期に加賀屋甚兵衛という商人が住之江のあたりを干拓しました。
加賀屋緑地は、加賀屋甚兵衛が建てた新田会所跡を整備したものです。会所は、新田を管理したところ、つまり農地経営の拠点となったところでもあり、商人の別荘、文人との交流の場でもありました。
4,822uの敷地内には、枯山水の前庭や築山林泉回遊式の庭園『愉園』、茶室『鳳鳴(ほうめい)亭』、待屋『偶然亭』、書院などが並んでいます。
「鳳鳴亭」では、ある場所から天井を見ると五種類の違う様式を眺められるそうです。それに、建物などを造るための材料も凝ったものを使っているようですよ。
池の北には築山があって、頂上は園内一の高所であり展望台となっています。ここから当時は新田の領域内が見渡せたそうです。
休業日があるので、注意してください。こんな立派な建物や庭園が、入場無料(2010年3月現在)なのは、庭園や歴史が好きな人にとっては嬉しい限りですね。

(ライター:青山透子)

大阪観光のトップページ