天王寺公園

天王寺公園は、広大な敷地を誇る公園です。一昔前とは違って整備されて綺麗になっているので、家族連れでも安心して行くことができます。また、天王寺公園には、大阪市立美術館天王寺動物園がありますし、天王寺動物園の正面口から出て新世界を通ると通天閣に行くこともできます。大阪の有名な観光地を一度に周ることができますので、大阪観光の際、立ち寄るといいですよ。というわけで、天王寺公園の詳細からです。

天王寺公園の風景
アクセス ・地下鉄 天王寺駅
・JR 天王寺駅
・近鉄 大阪阿部野橋駅
・阪堺電気軌道 天王寺駅前駅
住所 大阪市天王寺区茶臼山町
※)住所はカーナビで使ったり、GoogleやYahooの地図で場所を確認するために使うといいですよ。
駐車場 有料
料金 有料
※)天王寺動物園との共通券もあります(2012年時点)
お勧め度 80点
一言 広大な敷地を誇る公園です。一昔前とは違い整備されています。
写真 天王寺公園の写真
宿泊予約 大阪観光やビジネスで、大阪のホテルや旅館に宿泊する際、知っておいて損はない知識を紹介しています。大阪に土地勘がある人にも役立つページです。
大阪のホテル・旅館


格安宿

スポンサード リンク


天王寺公園のレポート

一心寺から天王寺公園に行こうとしたのですが、入口がわからず断念……。
実は、天王寺公園は柵で囲われているため、入口が限られているとのこと。具体的にはJR、地下鉄の天王寺駅から「あべちか」に行き、そこから地上に出て天王寺公園の入口に向かうか、天王寺動物園を経由して天王寺公園に行くかしないといけないとのこと(後で知りました)。
というわけで、この日は天王寺公園には入れなかったため、日を改めて、天王寺公園に行きました。



入口を通ると、すぐに沈床花壇がありました。
手入れが行き届いていて綺麗でしたよ。



動物のオブジェもあります。



まずは植物温室に向かいました。
途中、バラのアーチもありました。バラの咲く季節だと綺麗のでしょうね。



植物温室に到着。



植物温室の中は、意外にしっかりしていました。



植物温室の隣には映像館もあります。
ただ、節電のためか、放映していませんでしたが。



映像館への道は、なんかすごいですね。



先に進みました。



誰かの銅像もありました。



橋を渡ると、すぐ旧黒田藩屋敷長屋門がありました。



その近くに大阪市立美術館がありました。工事していましたよ。



奥に進むと、レストラン「るーじゅ」がありました。



そのすぐ奥には、慶沢園がありました。



手入れが行き届いている庭園です。



ここで暫くぼーっとするのもいいと思います。



さらに奥に進みました。



すると、河底池がありました。



ベンチもあるので、池を眺めながら何か飲み食いするといいかもしれません。



さらに奥に進みました。



階段がありました。
ちなみに、写真の左に見える柵の向こうに一心寺があります。



階段を上ると、茶臼山古墳がありました。
ただ、どこが茶臼山古墳なのかよくわかりませんでした……。



わんぱく広場もありました。



このように天王寺公園は意外に充実していますので、地元民だけではなく、大阪観光の際にも立ち寄るといいと思います。

(レポート:hide)

大阪観光のトップページ