造幣局 桜の通り抜け

造幣局 桜の通り抜けは、造幣局南門(天満橋側)から北門(桜宮橋側)まで桜の道を堪能できるイベントです(距離約560メートル)。明治16年(1883年)、当時の造幣局長である「遠藤謹助」氏が発案ではじめられました。春に大阪観光をするならば、行ってみてはどうでしょうか。
というわけで、造幣局 桜の通り抜けの詳細からです。

造幣局 桜の通り抜けの風景
アクセス ・地下鉄 谷町線、形成本線 天満橋駅
・JR東西線 大阪天満宮駅
・JR東西線 大阪城北詰駅
住所 大阪市北区天満1−1−79
※)住所はカーナビで使ったり、GoogleやYahooの地図で場所を確認するために使うといいですよ。
駐車場 なし
料金 無料
お勧め度 80点
一言 造幣局南門から北門まで桜を堪能できます。
写真 造幣局 桜の通り抜けの写真はありません。
宿泊予約 大阪観光やビジネスで、大阪のホテルや旅館に宿泊する際、知っておいて損はない知識を紹介しています。大阪に土地勘がある人にも役立つページです。
大阪のホテル・旅館


格安宿

スポンサード リンク


造幣局 桜の通り抜けのレポート

造幣局 桜の通り抜けの写真を撮影できませんでした。



ただ、造幣局には桜の木が植えられているので、春になると素晴らしい景観になることはわかりました。



桜で覆われた造幣局も見たいものです。



というわけで、春になれば、造幣局に行ってみればどうでしょうか。



(レポート:hide)

大阪観光のトップページ