紙の博物館

紙の博物館は、その名の通り、紙に関する博物館です。展示されている資料は、旧王子製紙(株)が収集した資料をベースに、様々な資料が収集されていて、充実しているのではないでしょうか。飛鳥山公園には、北区飛鳥山博物館渋沢史料館もあるので、 ついでに立ち寄るといいですよ。というわけで、まずは、紙の博物館の詳細からです。

紙の博物館の風景
アクセス ・JR京浜東北線 王子駅(南口)、徒歩1分
・都電荒川線 飛鳥山、徒歩2分
住所 東京都北区王子1-1-3
駐車場 有料
※)ただし、都内の公園なので、小さいです。
料金
お勧め度 60点
一言 飛鳥山公園にある博物館です。ちなみに、飛鳥山公園には、ここの他に、北区飛鳥山博物館渋沢史料館があります。
写真 なし
宿泊予約


格安宿

スポンサード リンク


紙の博物館のレポート

紙の博物館は、紙にまつわる展示物がありますが、すぐに見終わってしまいました。ここだけのために来るのは、辛いものがありますが、飛鳥山公園を散歩して、北区飛鳥山博物館渋沢史料館も行けば、立派な観光コース、デートコースになります。
ちなみに、ふるさと北区 区民まつりのときには、紙の博物館の前で、藍染、勾玉つくり、紙すきの体験をやっていました。私はやりませんでしたが、楽しそうでしたよ。



(レポート:hide)

東京が大好き!のトップページ