千波湖(千波公園)

千波湖(千波公園)は、偕楽園などの隣にある大きな湖です。湖の周りは、ウォーキングコースになっているので、水戸観光に来たとき、千波湖の周りを散歩するといいですよ。というわけで、まずは、千波湖(千波公園)の詳細です。

千波湖(千波公園)の風景
アクセス ・JR水戸駅下車、南口から徒歩15分
・JR水戸駅下車、北口から8番乗り場へ。バス「文化センター入り口」にて下車
住所 茨城県水戸市千波町東久保666-1
駐車場 有料
料金 無料
お勧め度 80点
一言 湖の周りをウォーキングできます。
写真 千波湖(千波公園)の写真
宿泊予約 茨城県に宿泊しようと考えているなら、下記のページを読むといいでしょう。茨城のホテルや旅館に宿泊しようと思っている人にとって、知っておいて損はない知識を紹介しています。
茨城のホテル・旅館


格安宿

スポンサード リンク


千波湖(千波公園)のレポート

茨城県近代美術館の後に、千波湖(千波公園)の周りでウォーキンしました。
ここでは、その時のレポートを紹介します。
茨城県近代美術館から千波湖(千波公園)に向かうと、途中、小川があります。



更に進むと、ウォーキングやランニングができる整備された道路があります。



というわけで、千波湖に到着。
結構、大きな湖ですね。



湖のすぐ隣に遊歩道もあります。



湖の隣の遊歩道にはベンチもあるので、ゆっくりできます。



というわけで、湖の隣の遊歩道を歩いていると、見慣れない鳥を発見。
黒い白鳥ですよね。なので、名前も、クロチョウと言うそうです。



そして、ウォーキングやランニングができる整備された道路を歩いていると、道端にスイレンでしょうか。花が埋められていました。



広場もあるので、小さな子供と来てもいいかもしれません。



更に進んで行きました。
ほんと、大きな湖ですね。



鳥もいて、癒されます。



更に進むと、駐車場の近くに、SLデコイチもありました。
中に入れるようですよ。



偕楽園に近づいてくると、人も多くなり、カフェもあります。



カフェの近くには、徳川光圀像もあります。



売店も出ているので、お祭り気分になれます。



更に進むと、徳川斉昭公 七郎麻呂(慶喜公)像もあります。



人が多いので、エサを貰えるためか、ガチョウなどの鳥も沢山いました。



更に、ウォーキングは続きます。



先ほどまで、湖の向こう側にいたんですよ。



千波湖には、白鳥の乗り物みたいなものがあるのですが、鳥の止まり場にもなっているようです。



千波湖の隣には川も流れています。



ようやく、茨城県近代美術館の近くまで歩いてきました。



というわけで、季節に関わりなく、千波湖の周りをウォーキングしたりランニングしたりするといいですよ。流石に水戸観光でランニングはキツイので、ウォーキングがお勧めです。

(レポート:hide)

茨城が大好き!のトップページ