南座(京都四條南座)

南座(みなみざ)は松竹が経営する劇場で、正式には京都四條南座(きょうとしじょうみなみざ)という名前です。江戸時代から続く歌舞伎の劇場です。このページでは、南座の詳細が書かれています。

南座(京都四條南座)の風景
アクセス(電車) ・阪急電車
阪急河原町駅「1番出口」より徒歩3分 ・京阪電車
京阪四条駅「6番出口」すぐ
駐車場 なし
※)周辺に、コインパーキングがあります。
住所 京都市東山区四条大橋東詰
※)住所はカーナビで使ったり、GoogleやYahooの地図で場所を確認するために使うといいですよ。
料金 有料
お勧め度 70点
一言 松竹が経営する劇場です。
写真 なし
宿泊予約 京都のホテルに、宿泊予約する人にお勧めのページ。京都のホテルに格安で宿泊予約する方法も掲載!
京都のホテル
激安宿で「安い」京都観光にする方法
京都の不動産 京都の不動産を探している場合は、以下より探すといいですよ。資料請求で、お得な不動産物件を探すことができます。
関西の新築一戸建て
関西の新築マンション
関西の土地

スポンサード リンク


南座のレポート

南座(みなみざ)は正面から見るととても歴史的な雰囲気があります。桃山風に作られていて、1991年に外観を残しつつ設備を新しく改装したのだそうですよ。
南座といえば、顔見世公演で有名ですね。顔見世とは、毎年11月末日より12月末まで行われる公演で、出演する役者さんの名前を勘亭流という書体で書いた「まねき」という白い木でできた大きな看板を劇場の入り口の上に並べて飾ります。これを見かけると、年末がやってくる実感がわきます。

(ライター:青山透子)

京都が大好き!のトップページ